Coleman キャンプオーブンの裏技検証

先日ポストした「Vlog ベランダ ベーカリー2」の動画の最後にColeman キャンプオーブンの裏技を紹介してますが、どのくらいの時間で何度まで上がるのか?という点について検証してみました。

キャンプオーブンの裏技



改めてどんな事をしてるかというと、100円ショップでよく販売されているステンレストレーの縁を平らに加工して棚網に固定してます。このトレーはDAISOの物だと正方形なのでSeriaの物を使用してます。5mm程の高さの縁が有りますのでウオーターポンププライヤーやペンチで潰して平にします。


キャンプオーブンに設置した状態です。棚網を2枚着けるときは横にして着けると楽です。隙間なくアルミホイルで塞ぐともっと効率よくなります。

下段と上段の幅は10cm位になりますからパン等の膨らむ調理は注意が必要です。先日のバナナケーキもギリギリでした。

キャンプオーブンの到達温度/時間


一番使うことの多い200℃は4分くらいでした。

250℃には9分くらいです。250℃からはじわじわと上る感じで、425クラスのツーバーナーでは250℃が最大くらいですかね。413とかタンクが大きくなると内圧も上がるので熱量的には上がるはずですからもう少し行くんではないかと思いますが、300℃には届かないんじゃないかな。裏技無しは計測してませんが2割くらい早く温度上昇してると思います。裏技無しでは250℃まで行かないかもしれません。
今回はColeman キャンプオーブンの裏技検証についてのコンテンツでした。
おしまい

にほんブログ村 にほんブログ村へ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です