vlog ベランダメンテナンス

今回のvlogはジェネレータに不具合のあるガソリンランタンの点火方法について、説明するHOW TO動画です。

ジェネレータ不具合だけど点火したい!


今回のような内容だと動画じゃないと分かりにくいですよね。
3回目のポンピングは余計だったかも!
THERMOSランタンのジェネレーターはAGMから供給された部品が使われてますが、現在オールドコールマン ByTen さんからリプロダクト品が発売されているAGM シングルマントル ジェネレーターはバーナー部分に接続される部分のサイズが合わずに互換性が無いようです。なんとなくテーパー状に削ったらイケそうな気もしますが。
そもそも長さが合うのだろうか?

自分のランタンのケースだと、ニードルのみなので恐らく問題ないような気もしますが、それだけのために買うにはちょっと高いなぁと躊躇してます(笑
まあ、コレは癖のあるランタンとしてこのままにしておこうかな。
おしまい

こんな記事も読まれてます。

2件のコメント

  1. こんにちは~

    なるほどー、こんな感じで不具合になる事もあるんですね。
    パーツの供給が無いのはなかなかハードルが高いです。
    けど、それを作るのも楽しそう(笑)
    パーツをどうするか気になりますねw

    1. taku-cさん、どうもです!
      ジェネレーターは今はどうなのか分かりませんが、昔のニードルがあるジェネレーターは消耗品ですから交換部品が無いのは困りますね。
      昔のジェネレーターは金属管の中にアスベスト製の筒があって、最初は白いのが茶色になって黒くなると炭化されて内部から崩れてくるのを排除するためにニードルが有るんですが、そもそも黒くなったら交換なんですけどね。
      使えなくなったら考えます(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です