THERMOS Vintage Campinggears(2)

THERMOSの歴史を垣間見るシリーズVol.2はクーラーボックスとジャグです。

THERMOSといったら今やステンレスの真空断熱構造によるマグやタンブラーが知られてますね。自分も自宅ではTHERMOSの真空断熱タンブラーを使ってます。

このタンブラー凄いですよね。ドリンクの氷が1時間以上溶けきらずに残ってますから。
クーラーボックスもこのステンレスの真空断熱構造で作ったら売れそうですけどね。ステンレスで作ってもYETIなんかの高密度ウレタンフォームを使ったクーラーボックスより軽いんじゃないかしら。
クーラーボックスは50年前と比べたら著しく進化してますが当時はColemanでもTHERMOSでも性能の差はなかったんではないでしょうか。

クーラーボックス


出典:Jam-day

出典:Jam-day

出典:Jam-day
Coleman製品にあるようなスチールベルトクーラー


出典:graphdesign.co
ポリプロピレン製のクーラーボックス

出典:Pinterest.com
Colemanにもあった持ち手のついたピクニッククーラーボックス

ウォータージャグ


出典:Jam-day

出典:Jam-day

出典:Jam-day
ウォータージャグに関してもColemanとの類似商品が多いです。
今からヴィンテージのクーラーボックスかジャグを入手したい!なんて方はTHERMOS製品なんていうのもアリなんじゃないかと思います!Coleman製より若干安価だと思います。SEARSにはJ.C.Higggins、Ted Wiliamsブランドでスチール製のクーラーボックスとジャグがありますが、実用性は今一つかな。
今回はTHERMOS Vintage Campinggears(2)と題してクーラーボックスとジャグの紹介でした。おしまい

にほんブログ村 にほんブログ村へ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

4件のコメント

  1. おはようございます~

    茶色のクーラーとジャグは好みですw
    確かにColemanよりはお安い気がするので、外してサーモス狙いもありでしょうね!
    この手のジャグってどのくらい入るもんなんでしょうか?

    1. taku-cさん、どうもです!
      Thermos のヴィンテージクーラーボックスも色使いが良いですよね。
      ジャグは一般的なサイズは1ガロン 3.8リットルだと思いますよ。2つ目のちょっと大きいのがたぶん1.3ガロンとかじゃないかな

  2. こんにちは(・ω・)

    いたちは安物(キャプ○ンス○ッグさん)のマグなので真空ではない単純な二層ですが、それでもシングルより保冷保温するし、なにより結露がないのが嬉しいですね
    しかし真空断熱なクーラーボックスという発想は面白いです
    たしかに発泡ウレタンよりは軽くなりそうだし……でも価格が跳ね上がりそう(笑

    1. いたちさん、どうもです!
      真空タンブラーの利点は結露しないというのもありますね。
      真空のクーラーボックスは実は釣具メーカーのダイワから発売されているんですが、いたちさんの指摘通り高価なんですよね。30リットルで3万くらいしますからねぇ
      キャンプ用としてThermosから安く出してほしいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です