THERMOS Vintage Campinggears(3)

THERMOSの歴史を垣間見るシリーズVol.3はストーブです。

ストーブやランタンを発売したのはテントを発売した1960年。THERMOSのストーブはツーバーナーとスリーバーナーでサイズは3種類。モデルも3つだと思ってたのですが、これが調べると色々有るんです。型番は同じでグリーンと赤かオレンジのカラーリングとHORIDAYシリーズのパールの入ったライトブルーが有りますが、全部の仕様にカラバリがあるかはわかりません。

小型ツーバーナー

Colemanでは425系のストーブです。

出典:pinterest.com
THERMOS 8423というモデルですがColeman425Cのような足があります。多くの部品をAGMから供給されたモデルだと思います。グリーンにオレンジのコントラストが素敵です。

ツーバーナー

Colemanでは413系の一般的なツーバーナーです。

出典:naperville.bookoo.com
THERMOS 8422というモデル。THERMOSのツーバーナーはケースに丸みがあるのが特徴ですね。

出典:pinterest.com
こちらは8427というモデルですが、タンク部のフィラーキャップとポンプが別になってます。左利きの人だとこのほうが使いやすそうですね(笑 このパールの入ったブルーは当時のアメ車のカラーみたいでカッコイイと思います。このカラーはHOLIDAYと書かれたデカールと写真のデカールの仕様があるようです。

スリーバーナー

Colemanでは426系のスリーバーナーです。

出典:pinterest.com
THERMOS8433というモデルですが、THERMOSのスリーバーナーストーブです。

AGMの古いモデルにはシングルバーナーはありますが1960年前後にはKampkookシリーズのツーバーナーかスリーバーナーのみになってます。SEARSのストーブもツーバーナーかスリーバーナーしかありませんが、THERMOSも同様なラインナップとなってます。THERMOSのストーブは今でもebayでNOS(未使用品)が入手できる確率は高いんですよ。とはいえ結構癖があるみたいなんです。
今回はTHERMOS Vintage Campinggears(3)と題してガソリンストーブの紹介でした。因みにプロパンガス仕様のツーバーナーストーブも有ります。
おしまい

にほんブログ村 にほんブログ村へ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

4件のコメント

  1. こんにちは(・ω・)

    >結構癖があるみたい
    これは使い勝手的な部分ですか?
    しかしTHERMOSさんがツーバーナーまで……
    思った以上に手広くアイテムを展開されていたんですね
    いまでも未使用品が手に入ることにさらにびっくりしますΣ(・ω・ノ)ノ

    1. いたちさん、どうもです!
      このストーブは燃料の噴出量に対して空燃費を調整するような構造でむしろ高効率なんですが、面倒な面もありますね。
      THERMOSのこの種のキャンプギアの発売はアメリカのメーカーとしては新しめなので割と未使用品が残ってるんではないかと思います。

  2. こんばんは~

    一時期、スリーバーナーが欲しい時期がありましたw
    サーモスでもあったんですね。
    この手のバーナーは嵩張りますがカッコいいんですよね。
    うちも久しぶりに出してみようかなw

    1. taku-cさん、どうもです!
      3バーナーは無駄に大きくてインパクトありますね。
      Colemanに有るものは大概有りがちです(笑
      THERMOSは角が丸いケースなので3バーナーも洗練されてみえますね。お薦めです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です