知られざる北欧 ヴィンテージ・クッキングウエアの世界

キャンプは相変わらずの人気ですね。SNSの影響か、ヴィンテージ系なキャンプスタイルを好むキャンパーも凄く増えたと思います。彼らはファニチャーからテーブルウエアやキッチンウエアまで拘ります。今回はそんなヴィンテージキャンプスタイルにも愛される北欧ヴィンテージ・琺瑯クッキングウエアの世界を垣間見たいと思います。

北欧系クッキングウエアではDANSKが2002年にコベンスタイル2というシリーズで琺瑯のキッチンウエアが復刻してますが、廃業しているメーカーも多いです。今回はキャンプでも使われている方が多い人気ブランドを紹介してみようと思います。

DANSK

DANSKはデンマークのメーカーだと思っている方もいるかと思いますが、実はアメリカのメーカーなんですよね。デザインがデンマーク風ということでこのネーミングとなっているようです。ですからe-bayでも入手しやすいメーカーです。コベンスタイル2は元々あったコベンスタイルの琺瑯キッチンウエアとは若干デザインが異なります。

Cathrineholm

Cathrineholm(キャサリンホルム)は1907年に創業のノルウエーのメーカーで、1972年に廃業してます。
連続パターン模様が描かれた琺瑯ウエアが多く有名なロータスシリーズは、Arne Clausenによるデザインといわれています。


FINEL

FINELはメーカーではなくてフィンランドのテーブル・キッチンウエアメーカーARABIAの中で琺瑯製品をデザインするブランド名で1965年から1971年まで生産されていたブランドです。その多くのデザインは花や野菜をモチーフにしたイラストが描かれていたり、洗練されたデザインのキッチンウエアが多いです。







KOCKUMS

KOCKUMS(コクムス)はスウェーデンで1893年に創業したホーローメーカーですが、1970年に廃業しています。ボッテリ温かみのあるデザインが特徴で他メーカーのキッチンウエアよりも軽量だと思います。古いPRIMUS 2222というコンパクトなガスのツーバーナーストーブのパッケージ写真にも使用されていることでも知られています。


KOCKUMSをキャンプに持ち込んでいるというのは少数派だと思いますが、我が家ではKOCKUMSのケトルをキャンプで使用してます。




DANKOK

DANKOKは現在でもデンマークでプラスチックや缶を中心に工業製品を生産するGlud & Marstrand社が琺瑯製品をデザインしていたブランド名で王冠のラインが特徴のキッチンウエアです。
DANKOKはまだキャンプに使われている人は見たこと無いんですが、参考まで。


DANKOKはInstagramで検索しても僅かしか出てこないです。
ittaraやLE CRUSET、STAUBのヴィンテージというのもありますが、鋳物琺瑯なので除外しました。
今回はヴィンテージ 北欧系琺瑯キッチンウエアの紹介でした。
おしまい

にほんブログ村 ブログ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

2件のコメント

  1. こんにちは~

    流石に詳しいですね!
    インスタの方のPRIMUSの古い写真が凄いっす。
    DANKOKも初めてですが、このデザイン結構好きですw。
    間違いなく、この手のギアも沼ですねw

    1. taku-cさん、どうもです!
      キャンプ活動を休止してた頃に映画のかもめ食堂の影響でキャサリンホルムを収集してた事があるんですよ(笑
      >インスタの方のPRIMUSの古い写真が凄いっす。
      この方はテントのコレクションも凄いですけど、この手のキッチンウエアやテーブルウエアのコレクションも凄いですよ。ショップ以上のコレクションだと思います!
      DANKOKはデザインがカッコイイですよね。DANSKはDANKOKの意匠を参考にしたんじゃないかって考えるとなんか納得できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です