孤高のフィールドウエア FILSON

冬キャンプの定番ウエアとして愛用しているジャケットにFILSONのダブルマッキーノクルーザーが有ります。

ハンターや林業など過酷な環境下での仕事に従事する人達に愛されるアメリカの歴史あるアウトドアブランド FILSON 創立は1897年です。

 

View this post on Instagram

 

Filsonさん(@filson1897)がシェアした投稿


FILSONというと赤黒のバッファローチェックのマッキーノクルーザーが思い浮かびます。メインはウエアやバッグですが、キャンプファニチャーや昔はテントの扱いも有りました。

バッファローチェック

主に赤x黒を使った大柄な格子柄の事ですが、北米のバッファローシティで狩猟時にハンター同士が動く獲物と間違えないように目立つチェック柄にした事からその名前が使われているそうです。パターン的には赤x黒が多いですが、緑x黒、青x黒、黄x黒などもあります。因みにマッキーノクルーザーには単色も有ります。むしろ今は単色がメインなのかな!?

マッキーノウール

マッキーノクルーザーに使われるウール素材は24オンスのヴァージンウールで、油分を多く含んでいるので風や雨を通すことなく高い保温力があります。そのウールの厚みゆえ重量は重くゴワゴワしてます。
マッキーノクルーザーには普通の1枚のウールを使用したシングルのマッキーノクルーザーと胸周りから腕周りが2重になったダブルマッキーノクルーザーが有ります。マッキーノウールを使ったジャケットはFILSON以外にもL.L.BeanやWoolrichi、Johnson Woolen Millsなどにも使われているようです。PENDLTONのジャケットも持ってますが此方は製法がちょっと違うのかな!?

自分のジャケットは青x黒のバッファローチェックのダブルマッキーノクルーザーです。購入したのは20年くらい前になります。まだインターネットが普及してなかった頃から個人輸入はしてまして一番最初に買ったのはL.L.Beanのフィールドコートだったと思います。エアメールでカタログを取り寄せてFAXでのオーダーでクレジット決済ですから今考えたらドキドキですよね。このFILSONのダブルマッキーノクルーザーもそんな感じで購入したのを覚えてます。その当時は赤x黒は上野アメ横(近所です)でも流通してましたが凄く高かったんじゃないかな。
今は青x黒のバッファローチェックはシングルもダブルも新品では購入できないみたいですね。

Johnson Woolen Mills


奥様はJohnson Woolen Millsのマッキーノジャケットを愛用してます。Johnson Woolen MillsはFILSONより少し前に創立されたメーカーでL.L.Beanに商品を提供していることでも知られてます。このジャケットはFILSONとは違って胸周りがダブルになっていて腕周りがシングルになってます。

フロントはジッパーのみでポケット等もシンプルで軽快に着られるようです。
FILSONよりも若干薄手のウールなので寒い時には中にジージャンを着たりしてるようです。靴はDannerのゴツゴツのマウンテンなので結構マニアックかも(笑

キャンプスタイルに合わせてファッションにも拘る!

とは書いてみたものの、コスプレみたいなものですね(笑

※【Instagram】の投稿画面には〈埋め込みタグ〉があります。その機能を利用して引用することは著作権の侵害にはあたりません。

にほんブログ村 ブログ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。

2件のコメント

  1. こんにちは~

    FILSONですか、憧れのウェアですねw
    もう少し価格が安いと手が出るんですが如何せん高いっすw。
    でもFILSONのバックは過去に使ってましたよ。
    FILSONもBarbourも1着は持ってたいですねw

    1. taku-cさん、どうもです!
      ウール製品は新品は高いですね。古着だとかなりリーズナブルですが!
      FILSONのバッグもシンプルなデザインで良いですよね。
      Barbourのオイルドコットンのジャケットも昔持ってましたが、Barbourはカジュアルよりなアウトドアというか、メインはライダースだと思うんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です