ミルクガラスは好きですか?【追記】


キャンプや自宅で使用しているミルクガラス食器。Firekingは専門書があるくらい奥が深いですが、PYREX(U.S.)に関してStandard WareとRestaurant Wareの違いなどを書いてみたいと思います。


現在PYREXのアイテムでキャンプに持ち出してるのはミキシングボウル、キャセロール、レフケース(保存容器)などのキッチンウエアと17cmのプレート、24cmの3コンパートメントプレート、マグカップはレストランウエアでBlue Bandというシリーズで揃えています。
3コンパートメントは他の柄も持ってますが、BlueBandのプレートはかなりレアではないかと思います。

※3コンパートメントプレートはPyrexの刻印はないですがCorningの製品です。
一般家庭向けのスタンダードウエアに比べてレストランウエアはガラスの厚みにボリュームがあったり、間仕切りのある3コンパートメントプレートなど、スタンダードには無いアイテムが揃ってます。
Firekingにはジェダイとホワイトにレストランウエアとスタンダードウエアが存在しますが、PYREXでは数種類のプリントパターンの食器にレストランウエアが存在します。
Blue Band、Green Band、Ruby Band、Blue Fern(ブルーローレル)、Ruby Fern(レッドローレル)、Green Fern(グリーンローレル)、Gray Fern(グレーローレル)、Copper Filigree、他8種類くらいに店名のプリントモノなどもあるようです。
ミルクガラスのマグカップは飲み物がうっすら透けて見えるのが特徴ですが、スタンダードウエアに比べてレストランウエアはガラスの厚みがあるので透明度が若干低くなります。
分かり易いのがFirekingのDハンドルマグがスタンダードでヘビーやエキストラヘビーがレストランウエアです。
PYREXのレストランウエアではキッチンとテーブル ウエアでプリントパターンを合わせることはできませんが、スタンダードウエアであればスノーフレークやバタフライゴールド、スプリングブロッサムなどがプリントを合わせる事ができます。
あまり透けないけど、CORELLE(コレール)にも同じパターンプリントが合って揃え易いです。
キャセロールやミキシングボウルをスノーフレークのブルーにしてテーブルウエアを白いスノーフレークで合わせるなんてのも素敵ですね。
スノーフレークはこれ以外の柄もあります。

Photo by Maggie | www.flickr.com/photos/maggies/

Photo by pagan_dar | www.flickr.com/photos/7856579@N05/
バタフライゴールドもこれだけ揃えたら素敵♪
こんなに揃える必要はないですが、こんなに種類があるんです。

Photo by dark_harper | www.flickr.com/photos/13784135@N04/
スプリングブロッサムもグリーンベースと白ベースがありますね。
ローレルをカラーをバラバラで揃えたり、グレーのみを揃えて使うなんてのもカッコ良さそうです。
ローレルの柄は同じモノがFireKingにも有ります。

Photo by SurrendrDorothy | www.flickr.com/photos/herroyalmajesty/
他にも色々なプリントやソリッドカラーの食器があります。また、Firekingのジェダイやターコイズのようにガラスに色を練り込んで色付きのミルクガラスにしている食器がPyrexにも存在します。
デルファイトというシリーズでカナダでのみ製造されたラインで非常に希少なものです。
キャンプに持って行くにはレストランウエアの方が相応しいかというと、そんなことは無いと思います。
毎日使うわけでもありませんし、統一感を狙うのならスタンダードウエアをセレクトするのも良いと思います。レストランウエアよりも透明度が高いのでより雰囲気を演出すのにも良いと思います。
参考までですが、Colemanの60年代のカタログにはOld Pyrexのテーブルウエアが使われてます。
おしまい

にほんブログ村 ブログ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。

4件のコメント

  1. こんばんはー
    a-garageさんのKitchen wareには反応してしまいます!
    以前bibolもマネさせて頂きましたし・・(汗
    ミルクガラスの食器って憧れますがa-garageさんみたいに
    料理の腕が有ってこその食器も映えるって感じがします。
    我が家が似合う様になるのはマダマダ・・道のりは遠いですねぇ
    今更、CathrineholmやGustavsbergにカブレてきてる我が家です(笑

  2. tokiさん、こんばんわ
    ミルクガラスは強化ガラスなのでアウトドアにも適してるように思うんですよね。
    食器が良いから料理が美味しそうに見えるというのもあるかもしれませんよ
    オートキャンプで使う食器って実はどんな素材でもいいんですよね。
    登山やハイキングでキャンプをするわけでも有りませんし、重量も気にならない。
    なのでグスタが好きならベルサで食器を一通り揃えたりしても素敵だと思いますよ。
    自宅でもキャンプでも同じ食器を使うのもいいですよね
    コメント有難うございます。

  3. とっても興味ある記事ではあるんですがなかなか手を出せずにいる次第です…
    でも、非日常を楽しむキャンプですし、美味しい料理を楽しむキャンプですからテーブルウェアも素敵なものを用意しなきゃですね!
    素朴な疑問なんですが、このような食器はどのように梱包してキャンプに持って行ってるんでしょうか?

  4. 呑み処 春さん、こんばんわ
    自分は自宅でもミルクガラス食器を使ってますのでそのままキャンプにも使ってます。
    それぞれ好みというものがありますから、このエントリーは自分はこんなのを使ってますよというだけです。
    食器のパッケージングは前にエントリーしてますが、皿は個別に帆布で作った食器袋に入れて食器類専用のKELTYのCAMP SINKというバッグに入れてます。 
    大きな皿は24cm径ありますからピクニックバスケットだと大型な物でないと入らないですね。
    コメント有難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です