vlog城南島海浜公園オートキャンプ場でデイキャンプ【後編】

vlog城南島海浜公園オートキャンプ場でデイキャンプ【前編】の続きです。

城南島海浜公園オートキャンプ場でデイキャンプ(後編)

今回は夕食の夏野菜のオーブン焼きとランタンの点火をまとめた動画となってます。

城南島海浜公園オートキャンプ場は羽田空港の真前ということもあり飛行機の爆音が気になりますが、10時30分から21時近くまで居られて1サイト2,000円という料金は悪くないと思いました。オートではないキャンプの場合は使用料の他に駐車料金もかかりますからね。コロナ禍で都民が都外への移動自粛で都内の近場で楽しみたいという事でメディアにも取りあげられて人気になっているようです。
【編集後記】
動画のオープニング部分の野菜をカットしてる部分はカラーグレーディングしてるんですが、内部はグレーディング無しです。比較するとグレーディングありの場合、ディテールが強めで発色が強めになっているのが分かると思います。この辺りを上手く調整していけたら良いなぁと思ってます。やはりテントを建てて1泊のキャンプで動画撮影したいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

2件のコメント

  1. こんばんは(・ω・)

    編集後記の冒頭の説明でカラーグレーディングという技術のアリナシがなんとなくわかりました
    いたちの貧相な目ではすみません、前編の動画ではなにがどう違うのかイマイチわからなかったのです(*`・ω・)ゞ(笑
    なんとなくレトロ(フィルム)ちっくにも見えるのも、カラーグレーディングというやつの効果ですかね

    城南島海浜公園オートキャンプ場、田舎者いたちは勝手に「都内=混雑している!」と考えているんですが、そんなことはないんですか?
    なかなかゆっくりキャンプする状況ではないですが、早く新型コロナ騒動が収束に向かって普通にキャンプができる日々が来てほしいものです(´・ω・`)

    1. いたちさん、どうもです!
      カラーグレーディングは色々な色調が有るんですが、レトロなフィルムっぽくわざとノイズを入れたりするのもグレーディングですね。面白いですが、やりすぎると特に食物系が不味そうに見えたりしちゃうので難しいところです。
      城南島海浜公園オートキャンプ場はこの日は偶々かもしれませんが隣接するサイトは空いていたので、ソーシャルディスタンスを考慮してたのかもしれません。最近、テレビで報道されてしまったのでちょっと混んでくるかもしれませんね
      もう、過去のインフルエンザのように特効薬ができるのを期待しつつ、個人が感染しない感染させないように注意して行動するしかないんじゃないかと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です