SEARS Vintage Canvas TENT【前期編】

10月にSEARSのビンテージテントユーザーのみが集まるキャンプミーティングを開催する予定なのですが、そもそもSEARSにはどんなビンテージコットンテントがあったのか調べてみました。

SEARSのテントは情報が無くてeBayやSNSで見て知ったのが殆どなんです。
時代と共にどんなテントが発売されていたのか分かる範囲で紹介します。先ずはJ.C.Higgins~Ted-Wiliams時代の前期編です。

Umbrella Tent

SEARSのスポーツ部門として立ち上げたブランドJ.C.Higginsは1908年から1962年と言われてます。その中でキャンピングギアを扱ったのは1950年くらいからではないかと思います。
出典:Flickr
1950年にJ.C.Hiiginsブランドから発売されたのがこのアンブレラタイプのテントでColemanにも同じ形状のテントが有ります。当時はこのアンブレラをベースに横方向に拡張したデザインのテントが有ります。

出典:Worthpoint
TedWilliamsブランドのテントですが、アンブレラの左右を拡張されたデザインになってます。サイズは18x8フィート(5.5x2.5m)と横幅の広いテントです。このスタイルのテントはカラーがグリーン、ブルー、ベージュ、サイズのバリエーションも幾つか有るようです。

出典:memphite.com
このテントもTedWilliamsブランドのテントですが、アンブレラの左側が拡張されたデザインになってます。オーニング用にサブフレームがあるのが面白いです。このテントはたまにebayで見かけます。

Heightwall Tent


出典:PBase.com
TedWilliamsブランドの1960年製のテントです。壁面が完全に垂直に立ったテントで内部はかなり広いですが、風には弱いんではないかと思います。このテントもカラー、サイズのバリエーションが有るようです。

Chalet tent


出典:Worthpoint
TedWilliamsブランドのChalet Tentというテント。ColemanにもCompact Three Tent Model 8401-803というよく似たテントが有りますが、独特なデザインのテントです。サイズは9.5X13フィート(3x4m)でカラー・サイズともバリエーションがあるようです。

Cabin Tent


出典:Worthpoint
CABIN TENTのシリーズはバリエーションが多いです。このCABIN TENTのフレームワークは現行のColemanのコットンテントに近いですね。

出典:Worthpoint
こちらもCabin Tentの派生モデルだと思います。ブルーも確認してます。

出典:3sisterspapa_tomopitooo
こちらもCabin Tentの派生モデルだと思いますが、もしかしたらHillary ブランドかもしれません。

Pack Tent


出典:morningstar works
TedWilliamsブランドのPack Tent Cabin Tentの派生モデルと思ってましたが、Pack Tentという名前がありました。グリーンの単色とこのカラーは確認してます。2、3人用の小型テントです。

CONTINENTAL


出典:barking-moonbat
TedWilliamsブランドのCONTINENTALシリーズ。このテントは16×10フィート(4.8x3m)という大きめなテントです。CONTINENTALは最近、日本でも使われている方がいらっしゃいます。サイズ、カラー共バリエーションがあります。

今回はSEARS Vintage Canvas TENT【前期編】と題してJ.C.Higgins~Ted-Wiliams時代のテントの紹介でした。SEARSは面白いデザインのテントが多いですね。おしまい

にほんブログ村 にほんブログ村へ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

2件のコメント

  1. こんにちは~

    SEARSのテントなんてレア過ぎで、
    どのテントも一度も見た事がないですよw
    後編もどんなの出るのか楽しみですねw

    1. taku-cさん、どうもです!
      SEARSのテントはebayでも少ないですからColemanのヴィンテージよりレアですね。
      そんなレアテントが10組集まったら凄そうです(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です