Outdoor Kitchenのハナシ

アウトドアクッキングがキャンプの楽しみのひとつである我が家のキャンプではキャンプ用のキッチンテーブルを導入したのがつい最近でした。

キャンプを始めた頃には特にキッチンテーブルを使わないで食事をするテーブルで殆どを済ませてました。

なんとなくキッチンテーブルっぽい道具を使い始めたのが5年前にColeman EUのCoastline 4DXを使い始めた頃でしたけど、マルチスタンドにスノコを天板にした簡易的なスタイルで、これで十分でした。


OASISの時にもこのテーブルをベースにしてカスタマイズして来ました。


鉄骨のフレームテント、MLIMA THEA-5の出窓にもColeman425の横にジャストフィットなサイズで使い勝手も良かったです。
このキッチンテーブルはこれからも使って行こうとは思ってます。で、昨年から使っているのが

US Coleman のPACK-AWAY® DELUXE KITCHEN
これに似たキッチンテーブルで昔、Coleman Japanからもアウトフィッターキャンプキッチンという名前で販売されていたモデルを一度入手したのですが、畳んだ状態が大きくて車載できないのでこちらに変更しました。アウトフィッターキャンプキッチンと比較してバーナースタンド、作業台の高さが共に高くて立ったまま作業をするのに向いてます。重量は変わらないくらいです。
このテーブルもいくつか気に入らない部分があったのでカスタマイズしています。

先ずは背面(笑 このキッチンテーブルは閉じた状態でテーブルとしても使用できるのでこの幾何学模様のようなパターンもアリなんだろうとは思いますが、ちょっと殺風景なので

住宅建材に使用される本格的な壁紙を貼り付けて、ステッカーを配置してみました。

更に作業台下にある網目状の棚が剛性不足な為、木製の棚を作業台とバーナースタンド下に設けました。シンクも別なものを装備してます。

これら全てを天板の内部に収める為に幅をギリギリまで詰めて内側にストッパーを設けてずれ落ちないように工夫しました。

本来はツーバーナーを置くところにクーラーボックスを置いてこのレイアウトで使うのが一番使い易いです。まだまだ工夫できそうで楽しみながら使っていけそうです。

おしまい

にほんブログ村 ブログ このコンテンツが いいね!と思ったらクリックお願いします!
にほんブログ村のランキングに参加してます。
こんな記事も読まれてます。

4件のコメント

  1. おはようございます。こないだは、コメント下さってありがとうございました!
    私もキャンプでは料理を楽しみたいと思っているので、キッチンのレイアウトなど参考にさせて頂きます!
    料理から細かい道具までとてもオシャレで、ブログを拝見していると、まるでショップに来たような気持ちになりました(*^o^*)

  2. パンダキャンプさん、こんばんわ
    アウトドアクッキングは焚き火を使ったワイルドな料理から家庭料理の延長のような料理まで様々で奥が深く、面白いですね。
    オートキャンプが面白いと思うところに、色々な趣味を注ぎこめられるという点があるのですが、自分の好きなものに囲まれて過ごすキャンプは楽しさも倍増すると思いますよ! 
    コメント、有難うございます。

  3. おはようございます~
    キャンプキッチン、重要の認識です~
    うちはキャンプの度に何時もテーブルの上が雑然としちゃって…
    キャンプキッチン無いので導入を検討中でして参考になりました!
    シンクどうですか?!
    いいなぁと思うんですが実際に使った方が周りに居なくてw

  4. taku-cさん、こんにちわ
    キッチンテーブルは色々なキュレーションサイトでも取り上げられていて必要か不要か問われてたりしてますが、無くても物を整理して置けるラックの様な物があればごちゃごちゃしなくて済みますね。
    今、国内で買えるシンク付きのキッチンテーブルはこのPackaway Camp KitchenかWILD-1ブランドのQualz キッチンテーブルくらいですが、Coleman製の方がシンクが大きいです。
    このシンクは使い勝手良いですよ。調理に使った鍋やボウルなんかをそのままシンクに入れて取り外して洗い場に持って行ったり、ジャグをテーブル上に置いて洗い物もこの場でできますし、水を貯めて果物を冷やしたり、色々な使い方ができますね。オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です