BE-PAL THE CATALOG と Woodpecker

SHOWSEIさんのこちらのエントリを拝見して自分の本棚を見てみたら、なんと1987年から1991年まで揃っていました(汗

年代別に特集記事が組まれていて
1987年は「歩くアウティング」でシューズやMTBの特集が組まれています。
1988年は「トレッキング & ツーリング」で、アパレルとMTB、BIKEの特集が組まれています。
1989年は「RVキャンピング」でRVキャンプのアイデア特集みたいなのが組まれてます。
1990年は「クルマでアウトドア」で当時のRVの紹介が多くのページで紹介されています。
1991年は「歩きからRVまで」ということでグッヅカタログがメインみたいですね。
Woodpeckerという鎌倉書房の本も出てきました。1986年に出版された書籍です。

まとめてヤフオクに出そうかな(笑

はじめまして

40代を半ばにして14年ぶりにキャンプを再開しました。
1989年頃、バブル最盛期の時代にオートキャンプの大きなブームがありました。
自分はそれ以前にも2輪でのツーリングキャンプを楽しんでましたが、そのブームに乗ってオートキャンプも始めました。
まだ、インターネットも普及してない時代でありましたが、BE-PAL等の書籍によって盛り上がったオートキャンプは現在の趣味としたキャンプとは違い、レジャー感覚で3シーズンにキャンプをする人が多かったと思います。
当時は海外通販なども整備されてなかったのですが、国際FAXによるメールオーダーで初めて個人輸入をしたのがL.L.Beenでした。
L.L.Beenから送られて来たカタログにはBassPRO ShopやREIのカタログも同封されており、REIからEureka !のRising SUNという小型テントを個人輸入した思い出も有ります。今と違ってかなりドキドキしました(笑
1993年のバブル崩壊とともに徐々にキャンプに行く機会も少なくなりしばらく休止してましたが、遺憾ながら3.11の東日本大震災の影響でライフラインが止まった事から倉庫に眠っていたキャンプ用品を引っ張りだして整備していたところ、楽しかったキャンプの思い出が蘇ってきたのでありました。

5月9日に訪れたキャンピカ明野のログコテージ
これからキャンプギアやレポートを綴っていこうと思います。